So-net無料ブログ作成

近況報告

現在、多忙によりまとめての更新となります。
m(_ _)m
前の7件 | -

『Pokémon GO』に「フレンド機能」が追加 [ゲーム]

『Pokémon GO』に「フレンド機能」が追加
https://pokemongolive.com/ja/post/friendsandtrading/

たま~にポケモンGoをする程度になってしまいましたが、ついに、フレンド機能が追加されたようです。

今でも、なんか人集まっているなと思ったら、レアモンスターが湧いていてみんなでジムバトルをしている光景を見ることができます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

父の日のプレゼント [ファミリー]

土曜日に、幼稚園の参観に行ってきました。
平日の参観はママさんが多いのですが、さすがに土曜日はパパさんが多かったです。

一緒に、忍者ごっこをして遊んだり、親子体操をしたりしました。
最後に、子供から親へのプレゼント。

ちょうど、父の日近くってことで、ちょっとした父の日のプレゼントとなりました♪

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

パターゴルフに挑戦 [ファミリー]

子供たちが、パターゴルフをしたいってことで、辰巳の森海浜公園に行って来ました。

辰巳の森海浜公園
http://www.tptc.co.jp/park/03_01

行ってみると、パターゴルフ以外にも、ディスクゴルフとか、フリーテニスとかって楽しそうでした。

また、機会が合ったら行ってみたいものです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

第90期棋聖戦、第2局 羽生竜王が勝利 [将棋]

名人戦と並行で行われている棋聖戦ですが、第2局は、先手の羽生棋聖が81手で勝利しました。
名人戦は7番勝負ですが、棋聖戦は5番勝負と短期決戦。
2連敗すると、後がつらくなります。

今回、羽生竜王が勝利し、1勝1敗となり、改めて3番勝負となりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 [将棋]

持ち時間が変則になっています。

フィッシャールール(フィッシャーモード)
持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負け。

なんでフィッシャールールかといえば、ボビー・フィッシャーが考案者だそうです。

ボビー・フィッシャーといえば、チェスの天才。
当時、ボビー・フィッシャーが成田空港で身柄を拘束された際に、羽生さんは当時の小泉首相に
「フィッシャーさんを自由に!」
というお願いをしたそうです。

今回、フィッシャールールが採用になったのも羽生さんらしいといえば、羽生さんらしい気がしました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

後部ドアに傷が!連絡する? or しない? [自動車 / バイク]

駐車場に置いていた車ですが、後部ドアに傷がついていました。(涙

原因は隣の車っぽい。
色々なサイトを見たところ、賛否両論あり、意見が割れていました。

連絡する場合、
・マンションの管理組合に連絡する
→ 基本、管理組合は関与しない

・保険会社に連絡する
→ 証明は自分でしなければならない

・警察に連絡する
→ 事故でない場合、取り合わない

ということで、傷つけられた側が証明するには、かなり大変なことが想像できます。

1回くらいだったら、泣き寝入りしたと思いますが、何度も傷つけられており、ここはきちんと処理をした方が良いと思いました。

結論から書くと、きちんと状況を整理し、検証をし、冷静に説明をすることで、相手側にも納得してもらうことができました。

しかし、こういうケースってレアだと思います。
基本的に、否定された場合、それを証明することは極めて難しい。

前部ドアの場合は乗る時に気が付きやすいですが、後部ドアの場合はついつい確認しない場合が多いです。
しかし、乗る前に、ぐるっと車を周回し、傷がついている場合は、素早く行動することが大切だと感じた今日この頃です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

階層ベイズの信頼区間を求める [階層ベイズ]

階層ベイズを使ったモデルを作成し、予測を行う際に、
予測値そのものは、普通に計算できます。

一方、統計モデルということで、予測値の信頼区間を出すにはどうすれば良いのか?が疑問でした。

ということで、指導教官の先生に確認したところ、以下の手順で信頼区間を計算するのが分かりやすいとのことでした。

1) MCMCの場合は、尤度が安定する前のステップを除去して使います。
具体的には、仮に、10万回シミュレーションしたとし、最初の8万回を捨てるとします。
残りの2万回を使って信頼区間を計算していきます。

2) 2万回の計算結果には、各イテレーションごとのβが保存されており、
かつ、観測変数 X も分かっています。

各イテレーションの β と x を使い、y を2万個出力する。

すると、2万個の y の分布が出来上がるので、両方の端を捨てた部分が信頼区間になる、とのことでした。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の7件 | -