So-net無料ブログ作成

近況報告

分析関連のお仕事も随時、受け付けています!
お気軽にご連絡ください。(´Д`)
前の7件 | -

サンフランシスコ 2019 その10 PIER 39のベイ水族館 [【旅行】アメリカ合衆国]

「Swiss Louis Italian Restaurant」でご飯を食べた後は、「PIER 39」にあるベイ水族館に行きました。

雰囲気は、サンシャイン水族館に近い感覚です。
実際に泳いでいる魚は、日本ではなかなか見ることが出来ない種類の魚が泳いでおり、地元の水族館に入ってみるのもなかなか良いものです。



出口近くでは、恐竜と写真が撮れるコーナーもあります。
実際、その場には恐竜はいないですが、スクリーンには動いている恐竜と自分が写っていて、面白い写真や動画を撮影することができました。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ 2019 その9 Swiss Louis Italian Restaurant [【旅行】アメリカ合衆国]

IBM Thikn 2019で「PIER 39」一帯を貸切るパーティーがありました。
レストランとか水族館とか無料で食べたり遊べたりできました。
お金かけてますね。。。

何気に入ったのが、「Swiss Louis Italian Restaurant」というイタリアンのお店。

Swiss Louis Italian Restaurant
http://www.swisslouis.com/

PIER 39の割と奥の方で、1階ではなく2階にあります。

エビとかサーモンとか海鮮が中心ですが、驚くことに何を食べても美味い!
特にエビがプリプリしていた激ウマでした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ 2019 その8 サンフランシスコは安全? [【旅行】アメリカ合衆国]

地球の歩き方などのガイドブックを見ていると、サンフランシスコはアメリカの他のエリアに比べて比較的安全な場所と書かれています。

しかし、実際に、サンフランシスコのダウンタウンを歩いてみると、「本当にそうか???」と思う場面が多く、むしろ、身の危険を感じるエリアが多いです。

まず、昼間でも一人で歩かない方が良い場所は、The Tenderloin(テンダーロイン)地区。
美味しそうなお肉の名前ですが、なんでも、ここで働く警察官は高い給料をもらうことができ、その手当で高級なステーキを食べることができるので、テンダーロインという名前が着いたそうです。

サンフランシスコで最も危険なエリアと言われています。
実は、ヒルトンのホテルとすぐ隣り合わせなので、うっかりホテルから西に行かないように注意しましょう。

次に危険なのが、SoMa(サウス・オブ・マーケット)地区。
銃犯罪がよく発生するエリアとして有名です。

Holiday Inn San Francisco(BEI San Francisco)というホテルに泊まっていますが、このホテルはちょうど、テンダーロインとSoMaエリアの間にあり、その周辺は昼間でも危険を感じます。
ホテルから半ブロック歩くだけでも、ホームレスの人がウヨウヨいるので、昼間でも車の移動が良いかもしれません。

そして、上に書いた、テンダーロインやソーマ地区以外にも、危険なエリアがあちこちにあるので注意が必要です。
最近は貧富の差が増えているため、車上荒しや人混み多いところでのスリも多発しているとか。

アメリカの他のエリアだと、危険なエリアが明確に決まっており、ここからここまでは、入らない!という線引きがきちんとできますが、
サンフランシスコの場合は、そのエリアが明確に決まっておらず、危険なエリアから滲み出て来ているイメージです。

危険なエリアを感じるコツとしては、
・窓やドアに鉄格子があるエリアは危険
・変な臭いがする(マリファナや浮浪者の臭い)
・ホームレスがいる
です。

基本的に、サンフランシスコのレストランは閉まるのが早いです。
それだけ、治安が悪いってことかもしれません。

サンフランシスコの治安のまとめ
・サンフランシスコの治安は悪い!
・昼間でも、人通りの少ないエリアは危険。
・夜の一人歩きは厳禁(命の危険あり)。
・1ブロック先ではなく、半ブロック先くらいでも、すぐに危険なエリアがある。
・なんか怖いと思ったら、すぐに引き返す。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ 2019 その7 Scoma's(スコマズ) [【旅行】アメリカ合衆国]

Scoma’s Restaurant、Pier to Plate、Local Fishermen's Fare
https://scomas.com/

フィッシャーマンズワーフにある海鮮料理レストラン「スコマズ」。
口コミ評価もなかなか良いです。

サンフランシスコの海鮮料理といえば、クラムチャウダーとか生牡蠣。
牡蠣とビールやワインの相性が絶品でした。

アメリカといえば、ステーキを思い浮かべますが、海鮮料理も良いですね。
そうえいば、こっちに来てステーキ食べてない。。。





nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ 2019 その6 フィッシャーマンズワーフ、PIER 39 [【旅行】アメリカ合衆国]

サンフランシスコ名所はいろいろありますが、ダウンタウンと違って安心して散歩できるエリアが「PIER 39」です。
このエリアは、ゴールドラッシュ時代において、でサンフランシスコが大きな町になった時の漁港だそうです。

歩いてみると、雰囲気、日本で言うところのお台場に近い感覚です。
大道芸人がショーをしたり、お菓子からザ・お土産的なものまで、様々なものが溢れています。

波止場からは、ゴールデンゲートブリッジやアメリカのギャング「アル・カポネ」が収監されていた刑務所の「アルカトラズ島」をみることができます。
すぐそこに見えるのですが、脱獄不可能と言われています。
その理由としては、
・水温が極端に低い
・海流が乱れており、流れも速い
・サメがウヨウヨいる
だそうです。





nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ 2019 その5 ギラデリスクエア [【旅行】アメリカ合衆国]

フィッシャーマンズワーフのすぐ近くにギラデリスクエア(Ghirardelli Square)があります。



サンフランシスコ土産といえば、Ghirardelli派か、See's Candies派かに分かれるところ。
個人的には、See'sの方が好きですが、それでもギラデリスクエアはなかなか魅力的な場所でした。

ギラデリチョコレートの元工場を改装したショッピングモールで、様々な種類のギラデリチョコを買うことができます。
もちろん、チョコ以外にもオシャレなショップやレストランも入っていました。

ちょうどお腹が空いていたので、チーズの専門店に入ったのですが、なかなか匂いのキツイチーズが出てきました。。。
チーズ好きにはたまらないと思いますが、癖が強いので、注意が必要です。

無難なのが、パフェとかのスイーツ系のお店の方がリスクが少ないと思います。w



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

サンフランシスコ 2019 その4 フィッシャーマンズワーフにはケーブルカーで! [【旅行】アメリカ合衆国]

何かと危険なエリアが多いサンフランシスコ。
ダウンタウンからフィッシャーマンズワーフに行く方法として、バスや地下鉄などの公共機関、および、ケーブルカーがあります。

バスや地下鉄で移動する方が若干安いですが、ちょっと怖い目にあうかもしれません。。。

安心なのが、ケーブルカーでの移動。
片道7ドルとちょっと高いですが、ケーブルカーからの眺めは最高です。

ウーバー(Uber)を利用すると、だいたい11ドル〜12ドル。
複数人で移動する場合は、ウーバー(Uber)での移動がオススメです!





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の7件 | -