So-net無料ブログ作成

羽生2冠が大山康晴超え!81期歴代1位 [将棋]

第83期棋聖戦五番勝負第3局、羽生二冠が3連勝でタイトルを防衛した。

これまでタイトル獲得数は、80期で大山十五世名人と並んでいたが、81期となり単独一位になった。

羽生さんいわく「大変な記録…充実感がある」と。
確かに、毎年4冠を保持していも、20年かかるわけで、長期にわたり羽生時代が続いていたことがわかる。

一瞬の爆発力ではなく、一つ一つの積み重ね、連続性が必要だ。
その昔、羽生さんは、「天才とは続けることである。」と言っていた。

その言葉の意味が一番分かっているのは、羽生さん自身ではないだろうか。

nice!(38)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 38

コメント 0

トラックバック 0