So-net無料ブログ作成

JASRAC、結婚披露宴で流す曲に包括使用料を試験導入。1回の式で計15,000円 [音楽]

結婚式で流す曲って多くても10曲くらいだろうか?
1曲あたりの値段で考えると、1,500円。

普通に高すぎだと思う。。。

価格は、需要と供給によって決められるもので、かつ、需要側が考える価格よりもはるかに高い価格を設定している場合は、市場から撤退することになってしまいます。

もともと、結婚式の費用は高いので、式を挙げる人は、
この部分は自分たちでできるから、そこの経費を削ろうとか、
料理は大切だから、この値段にしようとか、
それなりに式の価格を頑張って節約している。
1回の式で計15,000円だと、人によっては削除候補の一つになりえそう。

自分が小さい頃は、街のいたるところから音楽が聞こえていました。
もちろん、払うべきお金を払っていないお店も多かったと思いますが。。。

いずれにしろ、JASRACのおかげで(?)、音楽を聴く機会が減り、その結果、音楽を買う人も減っていき、JASRACに入るお金も減っていき、
・JASRAC、音楽教室における著作物の使用料徴収
・JASRAC、結婚披露宴で流す曲に包括使用料を試験導入
といったなんだか瞑想気味の施策を打ち出している気がします。

企業の中でこんな施策を出そうものなら、
「お前は筋が悪い!」
と一刀両断でぶった切られそうな気もします。
自分だったら、そうします。w

お金の土壌が小さくなってきているから、お金の取れる場所はどこだ?と探すのではなく、どうやったらその土壌が大きくなるのか考えた方が未来は明るいと思うんですけどね。。。


音楽を取りもどせ! コミック版 ユーザー vs JASRAC

音楽を取りもどせ! コミック版 ユーザー vs JASRAC

  • 作者: 城所岩生
  • 出版社/メーカー: みらいパブリッシング
  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0