So-net無料ブログ作成

IBM SPSS Modelerで一般化線形モデル(GLM):ガンマ分布のGLM [データサイエンス、統計モデル]

R と IBM SPSS Modeler(Clementine)との比較です。

ガンマ分布は、0以上の連続値をとる確率分布です。

ここで x と y がこのような関係になっていると考えます。


y が連続地値で正の値しかとらないとします。

ここで y が 平均 μ のガンマ分布に従っていると仮定すると、



A=exp(a)とおくと



RのGLMの書き方は、
fit.gamma <- glm(y ~ log(x), family = Gamma(link = "log"), data = d)
summary(fit.gamma)

そして、これを IBM SPSS Modeler(Clementine)でモデル作成するとどうなるか?

まず、フィールド作成ノードでlog(x)を計算しておきます。



そして、一般化線形ノードを使い
・分布:ガンマ
・リンク関数:対数
を設定して、実行すればOK。



得られる結果は、Rと同じ結果になります。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問