So-net無料ブログ作成

タイムバンクがフラッシュマーケティング? [マーケティング / 仕事]

やたらCMで流れて来る「タイムバンク」ですが、これってグルーポンやポンパレみたいなフラッシュマーケティングをやろうとしているのか?と思いました。
以前は、芸能人などの時間を販売する的なことをやっていた記憶があり、ちょっとびっくり。

ここで、フラッシュマーケティングの構造を簡単に解説。

店舗側からすれば、新規顧客を獲得できるというメリットがあります。
そして、新規顧客がリピートして使ってくれるようになれば、初回は赤字でも2回、3回使ってくれるうちに黒字化してくる・・・
しかし、現実的には、こういうクーポンアプリを利用している人は、お得にのみ反応しており、リピートになかなかつながっていかないのが現状。。。

いっぽう、運営側(タイムバンクなど)は、手数料も高く一見美味しいビジネスモデルに見えるのですが、クーポンの製作費などのコストが思った以上にかかってしまいます。

通常のECサイトの商品の場合、一度、紹介ページを作れば、ある程度の長い期間それを使うことが出来るのですが、フラッシュマーケティングの場合、店舗側も一時的にのみ使う場合が多いため、せっかく作ったページの寿命が短いのが特徴です。

実際、10年くらい前に、ポンパレやグルーポンが華々しく、搭乗したものの、いつの間にか撤退していったという歴史があります。

そういえば、スマートニュースとかグノシーもクーポンまとめアプリ出してますね。
ちょっと今さら感がありあすよね。。。

ということで、タイムバンクのCMをやたら見ますが、どこまで成長できるのか、、、

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ